2022-4-20

対ロ制裁、G20半数どまり

リード文に書いてる通り、G20のうち9カ国がロシアへの経済制裁に参加せずG20が真っ二つに割れている。ウクライナ危機の中、国際的に対立するリスクがあり、G20の存在意義自体が疑われる。

(ロシアに対する経済制裁の賛成派)G7はロシアが経済成長を減速させていると主張し、一方で中国・ロシアはG7の経済制裁が経済を停滞させていると主張しており、世界経済の見方が異なるため足並みを揃えるのは難しい状態。こうした歴史的な危機対応にG20の真価が問われており、力を発揮できなければ存在意義が失われてします。

また日本からは黒田総裁と鈴木俊一財務相G20に参加予定で、イエレン米財務長官と個別に会談し、円安・ドル高についても話し合う見通しである。 個別会談後の両者の外向きの発言も注目する必要がある。

日記

家に帰ってベッドに入るとダメだ。寝てしまう。 やるべきことをリストアップ。