2022-4-21

金利上昇、日本置き去り

リード文の通り。欧米が金融引き締めのため金利上昇させ、資本流出を恐れた新興国も追随している。 日銀は異次元の金融緩和のため金利抑制させているが、余計に円安を招くことになる。 日銀は20日に2251億円の国債を買い入れるとともに21日以降の連続指値オペも実施を発表。

欧州中央銀行は2014年にマイナス金利政策を導入したが、ウクライナ危機に伴う資源価格上昇により 量的緩和政策の縮小を決めており、債券購入額を自然減により段階的に減らしている。

円安による物価高により個人消費が冷え込む可能性がある。黒田総裁「大きな円安や急速な円安はマイナスが大きくなる」鈴木俊一財務相「どちらかといえば悪い円安」。